石井商事株式会社は昭和33年創業の老舗アパレル会社です【北海道・札幌市】

北海道札幌市の老舗アパレル 石井商事株式会社北海道札幌市の老舗アパレル 石井商事株式会社
石井商事株式会社トップ > CEOのブログ

CEOのブログ

体系的な作業

頭がよい者が、しばしば、あきれるほど成果をあげられない。彼らは、知的な能力が、そのまま成果に結びつくものではないということを十分認識していない。知的な能力は、体系的な作業を通じてのみ、成果に結びつくものであることを知らない。
引用-新訳『経営者の条件』1966年 ダイヤモンド社

セミナーに参加したり、読書をしたりしても、それは情報を得ただけで、知識ではない。
情報を知識に変えるためには、実践や行動の質を向上させなければならない。
そのためには、体系的な作業を継続する習慣が必要なのである。
この体系的な作業のみが成果を生み出す唯一の方法と言える。

では、体系的な作業とは何か?
知識⇒体系的な作業⇒成果。
以上の流れが成果をあげる為のロードマップ。
知的な能力を成果に結びつける役割を担う代表選手が組織。
それゆえ「作業」は、体系的でなければいけない。
つまり、体系的な作業とは仕組みそのものである。

仕組みを考えるとは、仕事を設計する事に他ならない。
凡人が非凡な成果を生み出すための仕組み。
すなわち、事業の運営を具体化するということ。

しかし、間違ってはならないのは
仕事の創造の為の仕組みづくりではなく
今はない求められているものを創造する為の
仕組みづくりであるという事。

つまり、組織の内部に注目するのではなく
組織の外部で成果をあげるための仕組みづくりでなくてはならない。

常に緊急な事は内部にあり、重要な事は外部にあるからだ。
ゆえに、体系的な作業を構築し、それを習慣化する為には
何にフォーカスするかを理解しなければならない。

何にフォーカスするかを考えるためには
現実の事象を分類し、それにヒエラルキーを与えることが重要。

①重要かつ緊急な事項
②緊急ではないが重要な事項
③重要ではないが緊急な事項
④重要でもなく、緊急でもない事項

以上の分類より現実はより複雑だが
すくなくとも以上の4分類に照らし合わあせれば
フォーカスすべき事象はみえてくる。

事象を記録し分類する事。
それこそが体系的な作業を実践するための第1歩なのである。

注:このエントリーは、佐藤 等 著 実践するドラッカーを参考文献とし
  コンテンツを再編成しています。

新年明けましておめでとうございます!


地平線沿いの雲に阻まれ御来光は,、大分陽が昇ってからでした。

新しい年を迎えられました事に感謝するとともに

九州、山陰地方、特に自衛隊出動を要請された

鳥取県大山町の皆様、出動された自衛隊員の皆様

その大変さ、お察し申し上げます。

今年一年、今を全力で生きる覚悟で頑張ります!

皆様におかれましても

健やかな一年でありますよう祈念いたします。

賀正。2011.jan.1sunrise.jpg

アパレルは昭和を捨てろ-2009年8月25日繊研新聞コラムより

大手アパレルの百貨店離れが続いたり、昔からのブランドが消滅したり

現在、アパレルの世界では色々な変化が起きています。

また、変化しなければいけないとは解っていても

変化する力そのものが残っていない企業、

変化の仕方が解らない企業

いえ、企業だけではなく個人さえも

そんな時代の波に翻弄されています。

こんな時、過去を捨てるのではなく

昔、こうありたいと思った過去に還るのも

この昭和を捨てろに入っているのではないでしょうか?

厳密には、昭和ではなく

高度成長期に確立したルールを捨てろという意味なのでしょう。

昔、イタリアメーカーが世界に飛翔したように

我々も昭和を捨てて、新たな明治維新を起こす時がきたのです。


日本サイズだから売れるジャパンウェア

繊研新聞平成21年5月12日第9面 業界人通信より

ニューヨークでマダムキラーと言うショップを経営されている柏原伸一さんの記事です。

マーケティングの基本とは、売らなくても売れる事だと言います。

柏原さんは

日本の服を、そのまま紹介するにはどこの都市が良いかを念頭に

アメリカでのショップオープンの場所を探しました。

その答えがニューヨークだったのです。

何故、ニューヨークだったのか?

それは、世界からのツーリストが集まる場所であること。

アジアやヨーロッパの細身で小柄な顧客が結集する場所だと言うのが

その心でした。

二番目の理由。

移民コミュニティの存在。

移民は結束が固く、口コミで情報が浸透しやすいとの理由。

いわゆるBUZZマーケティングを利用するという訳です。

東京みたいなロンリ―タウンとは、ちょっと違うところですね。

でも、これは利点と同時に怖い点でもあります。

一度、悪い評判がたったら一気に広まるってことでもあるからですね。

きっと、柏原さんは自身のサービスには

よっぽど自信があったのでしょうね。

販売を開始する前に、既に結果は見えているくらいの

マーケティング能力が

店のオーナーになる人には必須の能力という事でしょう。

都市の特徴、エリア、ストリートの一本一本に至るまでの

入念なマーケティング。

貴方の人生のマーケティングはできていますか?

人生と言う立派なショップを運営している貴方に

この質問をプレゼントとして贈ります。

今日も良い一日をお過ごしください。


お問い合わせフォームが復活しました。

ながらく、リンク切れしていましたお問い合わせフォーム。
復活しました。
以前は、メーラーに直結していなかったので
何か月も返事をしない事も正直言ってありました。

今後はそのような事のないよう
24時間内には必ず御返事致しますと
メッセージも添えました。

ブログにコメント機能が御座いませんので
どうか、お気楽にコメント投稿にも
お使いくださいませ。

宜しくお願い致します。

http://www.ishii-shouji.jp/contact/

上記のリンクからもお問い合わせできますよ。


葉書を書こう!


沼澤拓也さんのこの本。
実は、この本の出版されるずっと前から沼澤さんとは交流がありました。
沼澤さんのなさるセミナーに何度か出席させて頂いていたからです。

私は、いつも沼澤さんの講演を一番前の席で聴いていました。
その内、講演者の沼澤さんから顔を覚えられるくらいまでに
なりました。
一番前で話を聴いていると真剣に聴いていないと
目立ってしまうので、自然と真剣に話を聴く癖が付きました。

真剣に話を聴くと、これまた不思議と聴いた話を無理なく
実践できるようになります。

それから、私は、名刺交換した方に葉書を出すのが
癖になりました。



名刺交換頂けた方に、葉書を出す為に、必ずやっておかなくてはならない事があります。
それは、名刺を頂いたら、すぐに、貰った年月日と場所とイベントの名称やら会った訳を
書いておく事です。
そして、葉書を出す前に、葉書を写真にとり、出した年月日も記録し
履歴を残しておく事です。

履歴を残す。

この単純な事が如何に大切か解った時、貴方は立派な社会人になっている筈です。

ちょとはお役に立てたかな?

アパレル企業への就職を目指すという事

職業柄、日常、多くの学生の皆さんにお会いする機会があります。
交流会などを通じ、お酒を飲みながらのカジュアルな話し合いを
する事も。

そんな席で、ファッション業界志望なんですと話す学生も少なくありません。

私からしてみれば、この10年、一度として好景気になった事のない
この業界に入ってきてくださるというだけで感謝の気持ちで一杯に
なりますが。。。

た・だ・し・・・・・・・

案外とアパレル業界のどの部分を担いたいのか
はっきりと言えない学生さんが多いのも事実なんです。

今、私の手許に友人の企業の求人票があります。

職種にデザイナー・パタンナー・製造企画・販売・営業MDと書いてあります。

あなたは、これらのどの職種を志望し、またその職種が
どんな仕事なのか理解していますか?

是非、それらを自分に問うてから、面接に臨まれたらと思います。
自分自身の意見をはっきり人前で言えるようになる為には
普段からの頭の整理が必要ですからね。

今年は売り手市場とか言われ、のんびりしていた学生さんも
世界恐慌の様相を呈している現在に、思惑とは違っていた
現実に、どうしたらよいかと悩まれているのではありませんか?

とことん悩んでください。
そして、それでもなお、アパレル業界に就職したいと思ったあなた。

是非、私にその答えと理由を教えてください。
私の手許にある求人票の企業を御紹介するかもしれません。

それでは、また!

リニュアルしました。

石井商事株式会社のホームページをご覧の皆様へ

本日、2008年10月21日よりホームページをリニュアル、
皆さんとのコミュニケーションの新たな一歩を踏み出して行きます。

内容的には、以前のホームページのお引越し程度ですが
システム的にはMTTYPEになりましたので
更新が容易になりました。

何時いらして頂いても新鮮な気持ちを抱いて頂けるよう
大事に育てて行きたいと決意を新たにしています。

以前、リンクして居りました

札幌で働くフランス帰りのアパレル会社社長のブログ

こうやって記事中にハイパーリンクを貼って御覧いただけるように
致しますが、基本的には会社の公式ブログという事ではなく
私、石井伸武個人の日記ブログという位置づけになって行きます。

そして、このホームページ内に書かせて頂きますCEOのBLOGを
正式なビジネスブログとしてスタートしていきたいと思います。

とはいえ、そんなに堅苦しいものではなく
いらして頂いた方が、ファッション業界への理解を深めて頂けるよう
特に就活中の若い人たちに、弊社の事に限らず
ファッションビジネスそのもののリアルな情報をお届けしていきますので
どうぞ宜しくお願い致します。

このブログはシステムの関係上、コメント、トラックバックの機能を
停止して居りますので、何かコメント等頂ける事御座いましたら
MIXIのIDをお持ちの方は下記のリンクで何か一言残して頂けたら
幸いです。

私のMIXIのページ

おいおい、このホームページ内になるか
外付けの機能になるかは解りませんが
皆さんが投稿できるようなCMSの機能も付けて行きたいと
思います。

mixiIDをお持ちでない方に失礼になるといけませんので

私のWEBメールアドレス

bryan0407@gmail.com

に御連絡頂くか

FACEBOOK の掲示板に書き込んで頂ければ

幸いです。

FACEBOOKは誰でも招待無しに登録できますので
どなたでも書き込んでいただけます。

それでは、沢山の方々と交流を深められますよう
良質な記事をアップしていきますので
御期待下さいませ。

石井商事株式会社

代表取締役

石井 伸武








▲このページのTOPへ